menu

アクセス
名古屋調理師専門学校

名古屋で調理を学ぶなら名調!

よくあるご質問

学校生活・授業について

どのような校則がありますか?
プロ意識を養う訓練の一環として【名調イズム】に基づいた様々な校則を設けています。
【名調イズム】とは清潔・研鑽・人間力を原則とした本校の基本方針です。その代表例として「味覚習得」が挙げられます。具体的には調理師にとって大切な味覚を守るため、喫煙を禁止しています。他には、食に関わるものとして「ふさわしい服装」「清潔な身だしなみ」「清潔感あふれる髪型」を心がけるため、髪を染めること(白髪染め等は除く)やマニキュア類、華美な化粧等を禁止しています。同様の観点からピアスやネックレス等のアクセサリー類、匂いのきつい香水等も調理に支障をきたすため、禁止となっています。これらの校則は成年・未成年に関わらず、すべての在校生に遵守していただきます。
一般の方には【名調イズム】は大変厳しいものと思えるかもしれませんが、調理の世界では決して珍しいことではありません。実際に調理の世界に就職することになれば、多くの企業が高いレベルでプロ意識を持った人物を要求します。その時に備え、本校ではより早い時期から【名調イズム】を通じてプロ意識を養っていただきたいと考えているのです。
本気で調理の世界を志す方にとっては、より現実的で実践的な校則であると言えます。単なる調理師ではなく『プロ意識を持った調理師』として卒業し、調理の世界で活躍されることを応援します。
実習の授業では主にどのようなことを学ぶのですか?
各分野の基本から応用まで学びます。包丁の握り方、研ぎ方、各器具の名前や使い方からスタートし、野菜の基本切り、フライパンの振り方など、基本的な技術を修得しながら徐々にステップアップしていきます。
専攻分野によるコース分けはありますか?
本校では、すべての学生に日本・西洋(フランス・イタリア)・中国・製菓・サーヴィスのすべての分野の実習を受けていただく方針をとっています(ヘルスケア調理コースは、日本・西洋・中国・ヘルスケア・製菓・サーヴィス)。学校によっては2年課程の2年目になると和・洋・中などのコースに分かれるところもありますが、本校では2年目もすべての分野の実習を受けることになります。もちろん1年課程でもコース分けはありません。
このような方法をとっているのは、調理という「もの作り」において、分野は違っても応用できる技術があり、学校という環境のもとでしかすべての分野を学ぶ機会がほとんど無いと考えるからです。また、各分野の実態も十分理解できない段階で、専攻分野を限定してしまうと、自らの可能性を閉ざしてしまう危険も考えられます。したがって本校では、幅広い分野にわたる基本・基礎をしっかりと身に付けることが就職の可能性を広げ、将来さまざまな料理、方法に対応できる力と発想力を育むものと考え、従来から実習における全分野履修を実施しています。
製菓コースのある学校との違いは何ですか?
製菓コースがある学校との大きな違いは、製菓衛生師の「受験資格」が得られるかどうかの点です(調理師資格とは異なり、製菓衛生師資格は卒業時に無試験付与されるものではありません)。しかし、本校に求人を寄せてくださるお店、企業については、この資格についてはその有無は必ずしも採用の基準とはされていないようです。それよりも、学生時代にきちんと調理技術や知識の基本を学んでいるか、仕事に対する熱意があるか、などを評価されることが多いようです。(なお、製菓衛生師資格は、実務経験2年以上でも受験資格が与えられます。)
本校では、製菓も調理の一分野ととらえ、調理師本科(2年課程)、テクニカル調理コース(1年課程)では週1回の製菓実習を採り入れています。また、製菓実習の常勤教員を置くとともに、オール電化の製菓専用実習室も設置しています。就職先に関しても、ホテル・レストラン・洋菓子店などからの求人は多く、製菓部門へ就職する卒業生も数多くいます。製菓部門に就職した卒業生の中には、独立して洋菓子店をオープンした人もいます。
「ヘルスケア調理コース」とは何ですか?
平成16年に開設した「福祉調理コース」は高齢化社会に適応した介護食を中心とした内容でスタートしましたが、私たちの食を取りまく環境はここ10数年の間にも大きく変化して、多様な問題をかかえています。時代の変化に対応して「福祉調理コース」の内容を一層グローバルに変えていくことに伴い名称も「ヘルスケア調理コース」と一新します。
「食と健康」をテーマに、高齢者の「介護食」をはじめ、高血圧症や高脂血症、糖尿病などの「生活習慣予防食」、年々増加している子供達の「食物アレルギー対応食」、東洋の栄養学の英知「薬膳」と内容も大幅に充実させています。
もちろん西洋、日本、中国、製菓の実習も学びます。
調理師本科とテクニカル調理コースの違いを教えてください。また、どちらが就職に有利ですか?
調理師本科(2年課程)ではじっくりと調理を学びたい、学びながら自分の興味や将来進む分野を探したいという人に適しています。一方、テクニカル調理コース(1年課程)は短期集中型の即戦力を養成するコースといえます。卒業後に進む分野やお店の形態(ホテル、レストラン、料亭、個人店など)についてある程度の希望、方向性が見えている人でしたらテクニカル調理コースでも十分に実力を蓄えることができるでしょう。2年課程と1年課程の大きな違いは、就職活動の時期です。1年課程では入学間もない頃から、ガイダンスや企業側の就職説明会等が始まります。2年課程の場合には、最初の就職ガイダンスが1年次に実施され、実際の就職活動は翌年からとなるので、ある程度の時間的なゆとりがあります。
就職に際しては、テクニカル調理コース(1年課程)でも調理師本科(2年課程)でも同じです。1年課程からでも有名ホテル、料亭などに就職していますし、現場の料理長のお話を聞いても1年課程、2年課程の差は無く、みな同じスタートラインからの出発になるとのことです。
実習の授業はどのくらいありますか?
2年課程の1年次と1年課程においては、調理師免許取得に必要な実習授業(サーヴィスの実習含)が週当たり14時間開講されます。加えて金曜午後の特修講座を受講すれば17時間、土曜の特修講座も受講すれば最大20時間の実習を受講することができます。
2年課程の2年次では、必須の実習は週当たり21時間開講され、特修講座の受講により最大27時間の実習を受講することができます。
※ 金曜午後の時間帯は特修講座を開講。参加は自由(受講料は無料)、自身のスキルアップを目指して数多くの講座に参加する方も多いです。ただし、年間の授業計画に基づいて各科目の規定時間数を確保するために、授業を行うこともあります。
学科の授業では主にどのようなことを学ぶのですか?
調理師になるために必要な知識・教養を幅広く学習します。
【公衆衛生学】環境衛生を中心に、感染症予防、健康づくり、精神保健、母子保健、学校保健、労働衛生、健康教育など調理師に不可欠な基礎的な衛生知識と食育基本法、健康増進法や調理師法などの法規を学びます。
【食品学】食品の特徴と性質を中心に、食品の加工と貯蔵、生産と流通など食品に関する知識を学びます。
【栄養学】生きていくために必要な栄養素(糖質・脂質・たんぱく質・ビタミン・ミネラル)の働きやその生理、ライフスタイルや病態等に対応した食事提供に必要な栄養学の知識を学びます。
【食品衛生学】病原性大腸菌O-157などの食中毒に関する知識とその予防法、食品の腐敗の仕方と保存法など、食品衛生対策を中心とした衛生管理と食品衛生に関する法規を学びます。また、食品衛生学の実習もおこないます。
【調理理論】調理の種類と特徴、調理器具の正しい取り扱い方、調理法や栄養成分などの調理科学、調理場の施設・設備についての知識を学びます。
【食文化概論】日本の伝承的な食生活・食文化の流れと国際的な比較や、食生活に関する食品素材、生産、流通、加工、調理などを学び、食文化を担う調理師としての社会的な役割等について学びます。
卒業するための試験は、どのようになっているのですか?
本校では前期、後期の2期制をとっています。各期末に学科・実技の試験を行い60点以上が合格となります。不合格の場合は、学科ではレポート審査、実技は追試が行われます。
卒業認定には、出席時間数(科目ごとに時間数が規定されている)と、試験に合格することの二つが必要条件となります。
卒業するために必要なことは、まず第一に授業を欠席せず真面目に受講すること、そして試験に備え日々の学習、練習をおろそかにしないことです。
特別講座とは何ですか?
フランス・イタリア・日本・中国・製菓の各分野で活躍する著名なシェフが来校し、本校6階の多目的ホールで実際に調理のデモンストレーション(3~4品) をしてもらう講座です。非常に優れたシェフの調理技術はもちろんのこと、その人柄に触れ、修行時代のお話なども聞くことができるので、在校生からも人気の高い講座となっています。2006年度からは地元でも有名な「シェ・シバタ」のオーナーシェフ・柴田武氏の製菓特講も実施しています。
特修講座とは何ですか?
金曜日の午後や土曜日の午前に無料で開講しています。これは、通常の実習授業では使わない食材や道具を使ったレシピのほか、エスニック料理、カフェ料理、 和菓子、そば打ちなどが学べる課外実習で、「フードコーディネーター3級」試験対策や、学内の実技試験に対応した講座なども盛り込んで行っています。調理師免許取得に必須の実習授業(週4回)に加え、特修講座を受講すれば週5~6回(最大21時間)の実習をうけることができます。好きな講座を選んで自由に受講することができるシステムとなっており、年間いくつ受講しても受講料はかかりません(無料)。この特修講座を使って、将来進もうとする分野についてス キルアップを図る学生も多いようです。
海外研修はありますか?
「ヨーロッパ調理研修」があります。自由参加で、参加希望者は旅行代金を支払って参加します。
約2週間の旅程でイタリアとフランスを巡り、現地の調理学校で本場の技術を学んだり、星付きレストランでのフルコースを体験するなど、貴重な機会となります。
在籍生徒の男女比はどのくらいですか?
入学者全体の男女の割合は、毎年 男性60%:女性40%前後となっています。
これを各コース別に見ますと、調理師本科(2年課程)及び調理技術(現・テクニカル調理コース)(1年課程)で共に男性65%:女性35%前後で、福祉調理(現・ヘルスケア調理コース)(1年課程)は男性25%:女性75%前後となります。
社会人の割合はどのくらいですか?また、社会人コースはありますか?
例年、入学者に占める社会人の割合は、調理師科テクニカル調理コース、ヘルスケア調理コースとも55%前後で、1年課程では社会人の方が高校新卒者より多い状況となっています。調理師本科(2年課程)では社会人が10%前後と高校新卒者が圧倒的に多かったのですが、最近調理師本科へ入学する社会人の方も少しずつではありますが増えてきました。
他の調理師専門学校では「社会人コース(クラス)」と銘打ち、社会人だけのクラスを設ける学校もありますが、本校では設けておりません。調理の基礎を学びたい、プロの調理師を目指したい、調理の現場へ就職したいなど、思いはさまざまかもしれませんが、本校では調理を学ぶことについて、すべての入学生が同じスタートラインに立ちます。調理の世界では年齢・学歴ではありません。社会がさまざまな年齢、経歴の人たちで構成されているように、調理の現場も同様です。それが「社会人クラス」を設けていない理由です。ものの見方、感じ方などについて世代を超えていい刺激を与え合いながら、机を並べて学んでいます。
ちなみに毎年定年後の第二の人生として、あるいは専業主婦の方の一念発起などを動機として、50代~60代の方々が入学されていますが、子どもや孫の世代 にあたる学生ともすっかり打ち解け、お互いに刺激を受け合いながら頑張っています。(平成29年度には61歳の方が入学し、無事卒業されました。)

取得資格について

2年の実務経験があれば調理師試験を受けて、調理師免許が取れるのですか?
そのとおりです。調理師学校に通わない場合は、飲食店で2年間の実務経験があれば調理師試験を受験できます。試験は、食文化概論・公衆衛生学・栄養学・食品学・食品衛生学・調理理論、全6科目の筆記試験です。合計得点が満点の6割以上で合格となります。例年愛知県の調理師試験の合格率は50~65%で、全国的にも難しくなっています。本校での教科科目は調理師試験の科目と同様となっており、きちんとこれらを修了し卒業することで、調理師試験免除で調理師免許が取得できます。
専門調理師とは、どのような資格ですか?
調理師免許を取得してから所定の実務経験8年、(調理師専門学校卒業者は6年)を経た後に受験資格が得られ、より専門的で高度な調理技術を修得した、上級調理師に与えられる称号です。
専門調理師になるためには、学科試験と各分野(日本、西洋、中国、麺、すし、給食用特殊料理)に区分された実技試験に合格することが必要です。
調理師専門学校卒業生は特典として実務経験6年以上で受験資格が得られる他、卒業前に実施される「技術考査」(調理師学校全国統一筆記試験)に合格していると学科試験が免除になります。
レストランサービス技能士とは、どのような資格ですか?
レストランサービス技能士とは、サービスに従事する人の接客技能の正確さ、言葉使い、姿勢などを審査して、サービス文化の育成とサービスに従事する人の資質向上をめざすものです。資格ランクは1級、2級、3級とあり、1次試験(筆記)と2次試験(実技)に分かれます。
本校は日本ホテル・レストランサービス技能協会から受験資格認定校として認められ、調理師本科(2年課程)の2年次で受験することができます。
介護食士とは、どのような資格ですか?
内閣総理大臣認定の公益社団法人全国調理職業訓練協会が付与する資格(民間資格)で、協会の規定する授業を履修し、介護食士3級試験に合格することで認定されるものです。4人に1人が65歳以上の超高齢社会を迎え、「食」の分野でも福祉・介護の視点からのサーヴィスが求められるようになってきています。歯や飲み込む力が衰えた人にも食べやすい調理法などを習得し、高齢者の心理や健康を踏まえた「食」における介護サーヴィスのプロであることを証明するのがこの資格です。
食育インストラクターの資格はどのように取得するのですか?
公益社団法人全国調理師養成施設協会が認定する資格で協会が定めた講習(計12時間以上)を履修し、「食育インストラクター認定試験」に合格することで認定されるものです。受験希望者は「食育インストラクター」認定のための講習・試験を本校で受講することができます。
本校においても時代のニーズに適応した「食育」について指導できるより質の高い調理師の輩出を目指しています。
フードコーディネーターの資格はどのように取得するのですか?
日本フードコーディネーター協会が実施する「フードコーディネーター3級資格認定試験」を受験することになります。本校では受験希望者のために、試験対策のサポートをおこなっています。
介護職員初任者研修の資格はどのように取得するのですか?
平成25年度から、従来の「ホームヘルパー2級」は、『介護職員初任者研修』課程に変更されました。前期(5月~)、後期(9月~)のいずれかで受講できるようになっています。ヘルスケア調理コースはもちろん、その他のコースからも受講することが可能です。(受講時期は変更する場合があります。)なお、ヘルスケア調理コース生の受講については、学校からの受講料補助が受けられます。
健康管理士一般指導員の資格はどのように取得するのですか?
財団法人 生涯学習開発財団が認定する資格試験です。生活習慣病が増加している時代、健康管理の正しい知識を身につけ、健康管理指導やアドバイスができる資格です。通信講座で資格を取得します。ヘルスケア調理コース生は学校からの受講料補助が受けられます。他のコースからも受講することが可能です。
薬膳マイスターの資格はどのように取得するのですか?
一般社団法人 国際薬膳食育学会が認定する資格試験です。東洋医学の医食同源の考えから生まれた料理で、免疫力を高め、病気にかかりにくい体質へと導き、未病を予防・改善できる食事を提案できる資格です。ヘルスケア調理コース生は学校からの受講料補助が受けられます。他のコースからも受講することが可能です。

入試について

推薦入学の制度はありますか?また社会人の推薦入学の制度はありますか?
入試には「推薦入試」と「一般入試」があります。
推薦入試には、社会人の方(高校新卒以外の方)を対象にした「社会人自己推薦入試」もあり、「自己推薦」の形をとっています。入試日は高校新卒の方と同一日に実施(例年10月中旬)しています。詳しくは、募集要項でご確認ください。
社会人の場合でも、入試の内容は同じですか?
推薦入試、一般入試ともに、高校新卒の受験生と社会人の方(高校新卒以外の方)の試験内容は同じです。推薦入試の場合は、面接のみ。一般入試の場合は、作文と面接になります(内容は変更になることがありますので必ず新しい募集要項で確認してください)。
一般入試の種類、内容を教えてください。
一般入試では「面接」と「作文」が入試の内容となっています。面接、作文ともに「目的意識」「目標」等を中心に聞く内容で、面接は受験生複数の集団面接です。

奨学金制度について

奨学金などの支援制度はありますか?
課程またはコース別に下記の特典を準備しております。

①本学独自の奨学金(支援制度)

後継者養成支援制度

  • 対象:調理師本科、テクニカル調理コース、ヘルスケア調理コース
  • 選考基準:推薦入試出願者のうち高校新卒者の方で、かつ保護者が現に飲食業(調理担当業務)に従事している、又は経営している方。雇用形態がパート・契約社員など、非正規雇用者は除く。
  • 備考:入学金半額免除
  • 免除額:13.5万円~12万円

熟年者奨学金

  • 対象:テクニカル調理コース、ヘルスケア調理コース
  • 選考基準:45歳以上の方
  • 備考:入学金半額免除
  • 免除額:12万円

専業主婦奨学金

  • 対象:テクニカル調理コース、ヘルスケア調理コース
  • 選考基準:専業主婦の方
  • 備考:入学金半額免除
  • 免除額:12万円

転職者奨学金

  • 対象:テクニカル調理コース、ヘルスケア調理コース
  • 選考基準:社会人経験が5年以上の方
  • 備考:入学金半額免除
  • 免除額:12万円

兄弟姉妹同時在籍奨学制度

  • 対象:調理師本科、テクニカル調理コース、ヘルスケア調理コース
  • 選考基準:兄弟姉妹が本校に在籍している方(兄弟姉妹が卒業年次は除く)
  • 備考:入学金全額免除
  • 免除額:24万~27万円

成績優秀奨学金

  • 対象:調理師本科、テクニカル調理コース、ヘルスケア調理コース
  • 選考基準:定期試験で成績優秀な方
  • 備考:学内選考
  • 免除額:8万円~10万円

資格取得奨学金

  • 対象:調理師本科、テクニカル調理コース、ヘルスケア調理コース
  • 選考基準:介護食士3級
  • 備考:ヘルスケア調理コース在籍の方は受講料全額免除、それ以外は受講料一部免除
  • 免除額:ヘルスケア調理コース在籍の方 約9万円、それ以外 4万円

資格取得奨学金

  • 対象:ヘルスケア調理コース
  • 選考基準:介護職員初任者研修・健康管理士一般指導員・薬膳マイスター
  • 備考:受講料一部免除
  • 免除額:3万円
    (※在学中に認定証(合格証)を取得した際に、いずれかひとつに対して、講座受講料の一部(3万円)が補助されます)

※人数に限りのある制度もあります。

②その他の奨学金(支援制度)

日本学生支援機構奨学金

  • 対象:調理師本科
  • 入学後、申請により奨学金の貸し与を受け、卒業後返還する制度です。

専門実践教育訓練給付制度

  • 対象:テクニカル調理コース、ヘルスケア調理コース
  • 本校は、ハローワークが実施する教育訓練給付制度の対象となります。

③単位認定制度
専修学校、短期大学、大学等を卒業し、次の科目を履修した方で一定の基準を満たす場合には、本校の単位として認められます。
○公衆衛生学:3単位(90時間)○栄養学:3単位(90時間)○食品学:2単位(60時間)
※詳しくは、入学係までお問い合わせください。

その他のお問い合わせはこちら

PICK UP!

  • 体験入学随時受付中
  • 学校見学随時受付中
  • 名調のLINE@
  • 支援制度
  • 受賞歴
  • 遠方にお住まいの方へ
  • ムッシュMのブログ
  • よくあるご質問
  • 中学校卒業予定の方へ