what's new

テーブルマナー研修!!!

テーブルマナー
平成20年5月7日~5月21日
テーブルマナー研修
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5月7日~5月21日の中の9日間を使って、”テーブルマナー”という授業を行いました。

 

 テーブルマナー 

テーブルマナーは、調理師本科2年生が調理班とサービス班に分かれて、新入学生をゲストとして迎え入れる授業です。

 
ゲスト(学生)は、フランス料理のフルコース料理を味わいながらテーブルマナーを学び、先輩の動きを見てキッチンとホールの連携・サーヴィスの身のこなしも学びます。
調理師本科2年生のメンバーにとっては、フルコースを自分たちで作り、サーヴィスをし、感想も聞ける絶好の機会!

 

 

 

 

 

テーブルマナー

 ゲストの学生はこの日は全員スーツ姿。

いつもと違いあらたまった雰囲気に最初はとまどい気味です…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鈴木師範ゲスト(学生)にマナーを教えるのは、本校のサーヴィスの専任教授、鈴木師範!(鈴木師範のプロフィールを見てみる

 

時々ジョークも交えながら、テーブルマナーや食材について教えてくれます。

食事も存分に味わいつつ、授業の内容は忘れないようにメモを取らないと!

 

 

 

 

 

 

 

 

テーブルマナー

 

 ゲスト(学生)は、味わうだけでなく、わからないことがあったら質問をします。それも、勉強の一つ。
もちろん、その質問に答えるのはサーヴィス担当の学生です。

 

 「この黄色のソースは何?」「○○ってどんな作り方なの?」などのたくさんの質問(時には難解な質問)にも、たじろぐことなく、ときにはゲスト(学生)と会話を楽しみながら笑顔で応えていました。

 

さすが、先輩!

 

 

 

 一方、厨房では緊張した雰囲気で、真剣に料理を作る学生の姿が…
 キッチンのほうで指導をしていたのは、フランス料理の専任教授、向山師範(向山師範のプロフィールを見てみる)。

 

 学生が1年間の成果を見せる場とあって、指導にもいつも以上に熱が入っていました。ボルテージは最高潮!!??

 

 

テーブルマナー

 学生たちの料理に向かう姿は真剣そのもの。

 

見ているこっちが緊張してしまうくらい”本気”の空気が伝わってきて、普段は少し頼りなく見える学生も、なんだかとてもかっこよく見えてしまいました。
 

 

 

 

 

 

★学生の感想★

 

学生の提出した感想から一部ご紹介!(^^)!

 

調理担当

・いつも4、5人分しか作っていないから急に大量になって大変でした。

 失敗もしてしまったけど、いい経験になったなと思いました。

 

サービス担当

・サービスは慣れれば慣れるほど心に余裕ができてより良いサービスができるようになるかなぁと思いました。

 

本科2年生より後輩へ

・キッチンもサービスも1人ががむしゃらにがんばってもなりたたない。

 チーム全員でたすけあったり、協力しないと イイもの は作れない!

 

ゲストの感想

<本科1年>

・先輩達もすごく緊張しているのが伝わってきました。でも料理の説明とかを聞いたらすぐに答えてくれてすごいと思いました。

・まず、見た目がとても美しくて目で楽しめる料理ばかりでした。世界三大珍味も全部食べることができて大満足でした。

・1年後には僕たちもやることなので、師範に怒られないように頑張りたいです。

 

<調理師科>

・緊張しているのが、こちらまで伝わってきたので、慣れてスマートにできるようになれば、非常に良いサーヴィスになると思う。

・ビーツやグリーンマンゴー、珍しいアルガンオイルなどふだん口にしたことのない物をいただきとても新鮮に思いました。

・一年勉強するとここまで出来るようになるのかと感動した。


▲ページの先頭へ