what's new

卒業生 母校で特別授業!三ツ星シェフ岸田周三氏

本年度のみの特別授業!(衛生専門課程 調理師本科2年の2クラス)

あの、ミシュラン東京2008 で、三ツ星★★★に輝いた!

レストラン カンテサンス

岸田周三シェフにお越しいただきました!!

 

岸田周三氏プロフィール

 (レストラン カンテサンス Websiteより抜粋)

 

わ…若い!!

なんとまだ34歳です。

 

実は岸田シェフ…

名調の平成4年度の卒業生なんですよー (´∀`)

卒業生が三ツ星レストランのシェフに!?夢が広がります★

 

デモンストレーション

Monsieur Mも言ってたんだけど、

岸田シェフの凄さは火の通し方にある!とかで…

フライパンが温まりすぎたら冷まして…とこまめに温度を調節されてました

 

火の通り具合は感触で確かめます。経験を積めば分かるようになるので…

 

温度を確かめる岸田シェフ

メカジキでもウズラでもフライパンに手を入れ、感触と音で焼き具合を確認してました!

このあと切ったカジキの色、学生から感嘆の声がでるくらい、ほんっとうにキレイな色でした。

 

完成品

左から

鶉(うずら)のキャラメリーゼ

キャロットラペ

メカジキのポワレ 秋ナスとサンマのソース

 

 

実習

午後からは実習

午前のデモで作っていただいたうち、キャロットラペ鶉のキャラメリーゼに学生が挑戦!

 

ウズラ

調理前のウズラ

こんなこと言っちゃいけないのを承知で言いますが…

…少し、グロテスクというか…(´・ω・`

 

学生が一番苦戦してたのはウズラをさばく作業!

きれいにやらないと、火もうまくはいらない!ということで、学生も頑張ってました!

岸田シェフも2つの実習室を行き来して丁寧に教えて下さいました!

岸田シェフと学生

 

さてさて、を通す作業ですが…

シェフと同じように、アルミをしいてふきんの上から押さえて音で焼き具合を確かめる!

学生

みんな結構熱かったみたいですが、がんばってました(岸田シェフは顔色ひとつ変えずにされてましたが ^_^;)

 

 

最後は自分たちでつくった料理を食べました!

 

食事中 

そういえば、実習中にほかのコースの学生たちが

「こないだテレビに出てた三ツ星のシェフだ!」と実習室をのぞいたりして、うらやましそうでした~

 

人より先へ行こうと思ったら、人と同じことをしていてはできないと思います。周りよりたくさん勉強をして、より努力をした人が、人より先へ行くことができると思います。みなさんも頑張ってください。

 

岸田シェフは最後まで淡々と、そして謙虚な印象でした。

かっこよかった~ ヽ(´∀`)/

ありがとうございました

お忙しい中、ありがとうございました!


▲ページの先頭へ