名調ブログ
名調生奮闘記

サフランの花が咲きました♪

 

 

こんにちは!!

調理師本科1年庭園委員のチャカシタです♪

先日、庭園に行ったら「サフラン」の花が3つほど咲いていました!!

綺麗な紫色の花が咲いて、ちょっとうっとりしちゃいました(^w^)

サフランとはアラビア語で「黄色」を意味するザアファラーン(zafran)が

変化したものだと言われています。

 

 

 ところで、皆さんはサフランってどこの部分を使っているか知っていますか??

 

 サフランは、めしべを乾燥させたものなんですよ(^O^)

めしべは、ひとつの花から3本しかとれません。

 

1gのサフランを得るのに、約300~500本のめしべが必要で、

現在でも最も高価なハーブであり、スパイスでもあります(*_*)

 

 

乾燥させためしべを、風味付けや着色料として使います。
有名な料理だと、スペイン料理のパエリアに使われていますね☆

他にもブイヤベースや、クスクスにも使われています(^w^)

 

 

サフランは料理の他に漢方薬としても使われてます。
血行を良くする作用があるので、コップにサフランとカルモダンを合わせて

お湯を注ぎ、サフランティーとして飲むと、効果が得られるそうです☆

血行の悪い方や、風邪気味の方にもオススメです(^O^)

 

 ぜひ、サフランの花を見に行ってみてくださぁい(^O^)/


▲ページの先頭へ