• 学校案内
  • カリキュラム・コース・資格
  • キャンパスライフ
  • 学生日記
  • OB・在校生インタビュー
  • 体験入学
  • 入学案内
  • 就職について
  • 一人暮らしを検討中の方へ
  • LINE友達登録へ

OB・在校生の声 main

在校生(社会人)の声

専門課程 調理師科(調理技術コース) 石川佳奈

専門課程 調理師科(調理技術コース)

 石川 佳奈

大学で管理栄養士国家試験の勉強をしていましたが、自分の店を持つことが夢だったので調理師になろうと思いました。
名調を選んだ理由は、特修講座で自分が興味のある分野が選択して出来ることと、規則が厳しく社会に出る為には良いと思ったからです。クラスの半数は社会人経験者で色々な経験をされた方が集まった個性豊かな面白いクラスでした。
名調の良いところは、師範との距離が近く、実習が多いことです。名調の実習は分野を絞り専門的に行うのではなく、色々な分野を学ぶことにより料理の視野が広くなり、料理の引き出しも多くなります。全国・全世界で活躍されている先輩方も多く、広いネットワークも強みだと思います。
卒業後は、多くの経験を積み自分のお店を出すことが目標です!


専門課程 調理師科(調理技術コース) 伊藤宏基

専門課程 調理師科(調理技術コース)

 伊藤 宏基

入学前は京料理の店で働いており、次第に他の店でも働き色々なことを身につけたいと思い転職を考えるようになりました。
名調は学校の雰囲気と交通の便利さで入学を決めました。当初は周りとの年齢の差、学ぶ姿勢の温度差などクラスに馴染めるか不安もありました。しかし、入学してみるとクラスの半数は既 卒者で社会人経験者も多く、学生も他の専門学校とくらべてしっかりしていて、とても落ち着いた環境で安心しました。間もなく卒業ですが、技術や知識などが身についたと実感しています。技術コンクールや地域のボランティアなど校外でも調理の 活動に関わることが出来、とても充実した学校生活でした。
社会に出てからも日々勉強し、一人前と認めてもらえるように努力し続けていきたいと思います!


専門課程 調理師科(調理技術コース) 浅井ゆりえ

専門課程 調理師科(調理技術コース)

 浅井 ゆりえ

いくつか学校見学に行きましたが、地元で最も堅実に学べ、自分の力にできそうな校風・カリキュラムだと思い名調に決めました。体験入学には1度ですが参加しました。学校の空気が分かり、先生も親身に相談に乗って下さり納得のいく選択が出来ました。また入学後の親友と出会う良いきっかけになりました。
夢中で勉強し練習を重ね密度の高い一年を過ごせました。同じ目標や趣味を持つ仲間が出来た事が大きな収穫です。名調は厳しさが真剣さといえる校風で、学びたい事を貪欲に吸収させてもらえる、生徒同士が高めあえる場所です。
就職先で修業をして、いずれはマクロビで美味しいと言われる料理を作ります!


専門課程 調理師科(福祉調理コース) 神谷貴久子

専門課程 調理師科(調理技術コース)

 神谷 貴久子

母親の介護をしながら主婦業をしていました。料理の技術と理論をきちんと身につけたいと考え調理師になろうと思いました。
体験入学に参加した際、学校の厳しい雰囲気が伝わり、自分の求めるものをしっかりと身につけられそうだと心構えが出来ました。
入学前は久しぶりの学校生活に体力が持つか、家から遠距離なことも不安でした。しかし、座学・実習ともにバランスよく学べ、特修講座では色々な料理の技術を身につけることが出来て、とても貴重な体験をさせていただき充実した学校生活を送ることができました。
卒業後は、学んだことを実践し、母親の介護に役立てたいです。


専門課程 調理師科(福祉調理コース) 清水美佳

専門課程 調理師科(調理技術コース)

 清水 美佳

育児をしながらいくつかの仕事を掛け持ちしていましたが、正社員になれる仕事を探していました。そんな時にヘルパーの研修などで介護食を見て、食のさまざまな形を学びたいと思ったのが調理師になろうと思ったきっかけです。
入学当初は、アルバイトをしながら学校に1年間通えるかが不安でしたが、年齢層が幅広くて色々な話が聞けて、今までとは違う今の年齢ならではの学生生活を満喫する事ができました。名調の良い所は、実習が多くすべての料理の実習があるところと、師範、助教、座学の先生皆さんが、いつも笑顔で優しい所です。名調で培った知識と自信を持って、これからも働いていきたいです。


次のページへ


Copyright © 名古屋調理師専門学校,2017,All Rights Reserved.