• 学校案内
  • カリキュラム・コース・資格
  • キャンパスライフ
  • 学生日記
  • OB・在校生インタビュー
  • 体験入学
  • 入学案内
  • 就職について
  • 一人暮らしを検討中の方へ
  • LINE友達登録へ

OB・在校生の声 main

在校生(新卒)の声

もうすぐ卒業する皆さんに名調での思い出を聞いてみました。

専門課程 調理師本科 小林 弘

専門課程 調理師本科

 小林 弘

僕が2年間この名調で過ごして思ったことは、やっぱり名調にしてよかったということです。なぜなら、師範の先生方も丁寧にいろいろなことを教えてくださるし、実習室の設備もしっかりしているからです。それに、調理実習もクラスのみんなと楽しく料理を作ることができて本当によかったです。
ヨーロッパ研修では、本場のフランス料理やイタリア料理を身をもって感じることができました。「モエ・エ・シャンドン」のシャンパンカーブでシャンパンを買ったり、2つ星レストランの「レ・クレイエール」で食事をしたり、パリの朝市に行ったりと、日本ではなかなか経験できないことばかりでした。
最後に今年この名調に入学してくる人は、どんなことでもいいので1つ、目標や夢をしっかり持って入学してもらいたいです。僕の夢は、将来独立をし自分の店を持つことです。この夢が叶うか、叶わないかはこれからの自分次第ですが、名調での学生生活で夢や目標を持ちながら過ごすことでたくさんの自分の為になることが、この名調にはあると思います。ですから、夢や目標を持ちそれに向かって進んでいってもらいたいと思います。


専門課程 調理師本科 西川 のぞみ

専門課程 調理師本科

 西川 のぞみ

まず初めに、友達を早く作ることが大切だと思います。私の場合、名古屋に出て来て、一人暮らしを始め、地元よりははるかに都会な為、とても不安だったし、ホームシックにもなりました。しかし、学校が始まり、友達ができたことで不安はすぐ消え、これから始まる学校生活がとても楽しみになりました。私達のクラスは特殊かもしれないけれど、学校が始まって二日目で、みんなで遊びに行き、仲良くなりました。一人暮らしをしながら学校へ通っている中で、友達の存在はとても大きかったです。
体調管理だけは、しっかり気をつけないと後々大変です。私は、入学してから何回熱を出したことか。
いくら熱が出たとしても、欠課が増えると退学の恐れがあるので、休むことはせず登校しましたが、かなり辛かったです。よっぽどの事がない限り、休まない事が大切です。


専門課程 調理師本科 安藤 進

専門課程 調理師本科

 安藤 進

この学校は、厳しいルールもしっかりしています。初めは、戸惑いました。でも、先生方の熱い思いが、こもっていることに気づきました。例えばあいさつ、毎朝、春夏秋冬、先生方が校門に立って「おはよう」とあいさつ運動をしてくださっています。社会に出てもまずは、あいさつは必要だと思います。
その基礎から教えてくれる学校です。
頑張れば頑張っただけ力になります。初めは、実習がうまくいかず、タイムオーバーになってしまいます。でも、みんな一人一人が頑張ればスムーズに行うことができるし、どんどん楽しくなれます。本当にこの学校で学んだことは無駄がないし、いっぱいいろんなことを学べました。平日には、生徒による生徒のためのレストランがあり、350円で色々なものを日替わりで楽しめるのもいいと思います。
就職の面でも安心して下さい。熱心な先生方が良いアドバイスを下さいますし、進路指導室もありますから、じっくり行きたい所を探して見てもいいと思います。
最後に、みなさんにアドバイスを! いろんな食材、調理法があります。その中には、その国の歴史や文化があって、それで成り立ったものも数多くあり、面白い味や、新たな発見ができるので、とてもやりがいがあると思います。是非とも名調をおすすめします。


専門課程 調理師本科 永田 裕美子

専門課程 調理師本科

 永田 裕美子

名調での学生生活は、厳しく、楽しく学べました。2年間では、辛い事も経験しました。実技テストの練習では、授業後に練習ができ、その時には、先生が一から教えてくれるなどのサポートもあるので、合格することができました。
本校に入学して、わからない事、聞きたい事を教えてくれる先生がいるからこそ、クラスの仲間と一 緒に学んで、お互いを支えあってきたからこそ、今があると思います。たくさんの仲間にかこまれて、 この2年間、たくさんの実習を行い、学び、そんな良い学校生活を過ごせました。


専門課程 調理師科(福祉調理コース) 野々山 めぐみ

専門課程 調理師科(福祉調理コース)

 野々山 めぐみ

福調では、新卒の人が少なく、10代~60代までの幅広い年齢の方々がいっぱいいます。年齢差の違いもあり、意見がくいちがう事もありますが、色々なことを学ぶこともでき、毎日がとても楽しいです。昼食の時間には、奥様方から茶菓子をおすそ分けしてくれたりもします。
どんなに年齢差があっても、実習ではみんなが初心者なので、お互いにやり方を聞きあってやっています。社会人としてやっていた方も多いので、就職の相談にものっ下さったりして、とても助かりました。
新卒者の方々は、身嗜みなどが厳しくて嫌になるかもしれませんが、調理師として社会に出る為の準備段階なので、頑張って下さい。こういうやり方もあるんだ、こういう考え方もあるんだと、いろいろなことを全て吸収して、立派な調理師を目指して下さい。


専門課程 調理師科(調理技術コース) 浅田 大輔

専門課程 調理師科(調理技術コース)

 浅田 大輔

僕は、商業科高校から新卒として名調の調理技術コースという、一年間で調理師免許証を取得できるコースに入学しました。初めて自分のクラスに行った時はビックリしました。僕みたいな新卒の人ばかりだと思っていたら、クラスの半分は大卒や社会人の人でした。「こんな環境でやっていけるかな・・・」と思っていました。
しかし、調理実習などの授業で、同じ班になった人とのあいさつや、コミュニケーションから始まり、年上の人とも楽しい生活を送っています。今では「毎日が、将来に向けての社会勉強」として、すばらしい環境で過ごしています。
また、先生や師範の方々も個性豊かで、すごく楽しい授業ばかりです。調理実習では見たことのない器具を使って調理したり、日常生活で使っている器具を、日常とは違った使い方で使用したりしているので、調理の技術や能力の向上。新しい発見があります。授業で学んだことは、将来、生かしていけることばかりです。名調で過ごした一年は、僕の大切な宝物です。


専門課程 調理師本科 前田 銀次郎

専門課程 調理師本科

 前田 銀次郎

入ったばかりの時は、欠課とかがすごく気になり、学校がすごく嫌になることがあります。でも、一緒にいる仲間達ができると、とてもとても心強いです。志が一緒の仲間達は、同じ事で笑い、同じ事で悩み、同じ事で泣いたりできます。その時間が僕は好きで、それだけで、この学校に来れて良かったと思えます。その時間を有意義に過ごし、将来の事を考えて動き、頑張って下さい。



Copyright © 名古屋調理師専門学校,2017,All Rights Reserved.