• 学校案内
  • カリキュラム・コース・資格
  • キャンパスライフ
  • 学生日記
  • OB・在校生インタビュー
  • 体験入学
  • 入学案内
  • 就職について
  • LINE友達登録へ

OB・在校生の声 main

OBの声

岸田周三さん平成4年度 調理師科卒

ミシュランガイド三ツ星レストランのシェフ

フランス料理
【レストラン カンテサンス】
岸田周三さん
平成4年度 調理師科卒

1974年生まれ。愛知県豊明市出身。 志摩観光ホテル「ラ・メール」、恵比寿「カーエム」を経て渡仏。フランス各地で数軒のレストランを経験後、パリの三ツ星レストラン「アストランス」にてシェフに次ぐポジション、スーシェフをつとめる。帰国後立ち上げた「レストラン カンテサンス」は、「ミシュランガイド東京」にて三ツ星を獲得、世界最年少の三ツ星シェフとなる。最高のプロデュイ(素材)、キュイソン(火の入れ方)、アセゾネ(味付け)の3つを徹底的に追及し、世界に発信できるフレンチを目指している。


寺島武彦さん 昭和47年度卒

お客様の笑顔で頑張れる、それが料理の世界

日本料理
【料亭つたも】顧問
寺島武彦さん 昭和47年度卒

調理師を目指したきっかけは、兄が板前だったことでした。「石の上にも3年」と言いますが、3年頑張れば少しずつ調理の世界がわかり、面白くなり好きになっていきます。今まで辛い仕事の方が多かったのですが、お客様の笑顔で頑張れたこと、そして、なによりも私自身が楽しくやりがいを感じていたことで、一人前になるまで続けられたと思います。常に先輩の仕事を見ながら、興味を持ち視野を広げていくことも大切なことです。日々修行だと肝に銘じて頑張っています。


小澤智章さん 平成元年度 調理師科卒

「努力に勝る才能なし」。諦めてはいけない

フランス料理
【レストラン セレスティ】オーナーシェフ
小澤智章さん 平成元年度 調理師科卒

自分の理想とする料理を、お客様に最高の状態で召し上がっていただくためには、料理だけでなくサービス、店の立地などあらゆる点において工夫が必要です。一つの課題をクリアしても、また次の課題が現れる。毎日のその繰り返しが自分自身の進化を引き起こすと信じています。そのために何よりも大切なのは努力。「努力に勝る才能なし」、この一言に尽きますね。諦めずに続ければ、誰でも目標は成し遂げらます。世界のどこでも通用する料理人を育てるために、私自身も努力を重ねていきたいです。


日紫喜勇さん平成4年度調理師科卒

FFCCレストランサーヴィスコンクール
第13回メートル・ド・セルヴィス杯 優勝

【レストラン ひらまつ】
日紫喜勇さん
平成4年度調理師科卒

フランス料理文化センター(FFCC)主催による、日本で唯一のレストランサーヴィスコンクール。世界に通用する若きサーヴィスマンの登竜門として、サーヴィスの技術、ワイン類の知識等や、シガーサーヴィスに至るまでの総合力を競う。


長尾正憲さん平成8年度 調理師本科卒

第2回アンダルシア産食材を使用した
料理コンテスト 優勝

【岐阜都ホテル】
長尾正憲さん
平成8年度 調理師本科卒

スペイン・アンダルシア州政府協賛、社団法人全日本司厨士協会主催の料理コンテスト。40歳未満のシェフを対象に、調理技術の向上とアンダルシア州産食材の普及を目的とし、指定された食材を使って、冷製、温製、デザート三品で腕を競う。


永妻信人さん昭和63年度 調理師科卒 

第2回カナダポーク・レシピ
コンテスト 優勝

【セルリアンタワー 東急ホテル】
永妻信人さん
昭和63年度 調理師科卒 

カナダポーク・インターナショナル(CPI)主催によるコンテスト。全国から応募された172作品の中で、書類審査と実技・試食審査の結果、永妻さんの「カナダポーク・フィレ肉のハーブ岩塩の蒸し焼きとバラ肉のロックフォールサンド、ちりめんキャベツ包み」が見事金賞を受賞した。


山口晃奈さん平成20年度 調理師科卒

WACS世界司厨士協会主催
ビル・ガラガージュニアシェフ
AJCA代表・日本代表

【JICAボランティア(青年海外協力隊)調理部門】
山口晃奈さん
平成20年度 調理師科卒

南米・チリで行われる世界フォーラムに、日本から参加する代表者2名のうちの一人として選ばれる。5日間のフォーラムでは、40ヶ国以上の国から集まったジュニアシェフ(25歳以下)が、料理実習や講義、朝市見学などプロのシェフを目指すための豊富なプログラムを体験する。


内田裕樹さん

オンリーワンを目指し自信ある料理を

イタリア料理
【トラットリア ラ ヴェーナ デル レンニョ】
オーナーシェフ
内田裕樹さん
平成13年度 調理師科卒

イタリア料理は、地方ごとに異なる伝統を踏まえた上で創作していく料理です。また、素材ありきの料理なので旬にはこだわっています。この店は、妻(名調卒業生)がデザートとサービスを、私は私自身が美味しいものだと思う料理のみを提供しています。名調では自分を律すること、身だしなみや言葉遣いなどを厳しく教えていただき感謝しています。


山下哲巧さん平成10年度 調理師本科卒

魅力あふれる中国料理の世界

中国料理
【中国料理 梨杏 名古屋マリオットアソシアホテル】
山下哲巧さん
平成10年度 調理師本科卒

中国料理は自分で食べるのも好きですし、この仕事も好きでやっていますので、辛いと思ったことはありません。ぜひ後輩たちにも、この魅力ある中華の世界を目指してほしいし、大歓迎します。一生の仕事として取り組むのにふさわしい仕事だと思っています。少しでも腕を磨いて、お客様に喜んでいただけるよう毎日励んでいます。


原田範子さん

えんげ食やきざみ食を心を込めて調理

病院給食
【安城更生病院】調理師
原田範子さん
平成24年度 調理師科福祉調理コース卒

祖母が口から食事ができなくて、さみしい思いをしていたのを見て育ったので、福祉調理の道を選びました。名調では資格取得のために、高齢者の方に適した調理の技術などについても学んでいたので、この仕事に就いた時の戸惑いが少なくてすみました。まだ覚えることがたくさんありますが、患者様に完食していただける調理の提供を目指して頑張ります。


森田 陽介さん平成9年度 調理師本科卒

甘くはないが、それを上回る面白さがある。

ホテル
【浜名湖ロイヤルホテル】ペストリー シェフパティシェ
森田 陽介さん
平成9年度 調理師本科卒

空腹であれば何でもおいしいですが、デザートは最後です。味、サプライズ感、美しさがないと、お客様に召し上がっていただけません。そのため、入社時から全国で一番を目指せと教えられ、常に新しい発想のデザートを作り続け、他に負けない技術、味を身に付けました。名調には和洋中、製菓の全てが学べ、料理の幅を広げられる学校です。また実習だけではなく、安全衛生やフランス語など筆記授業も、現場に出ると重要。在学時の勉強は必ず後で役立つので、皆さん頑張って学んでください。


治部 衣里さん平成22年度 調理師科卒

大好きな仕事と憧れのお店で日々充実

製菓
【ガトー・ラヴィ】 パティシエ
治部 衣里さん
平成22年度 調理師科卒

地元で評判が高く、私もよく買いに行っていた憧れのお店に就職。オーナー夫妻が親身になってご指導くださり、今は焼き菓子全般をまかされています。特に奥様は名調卒業生なので、共通の話題もあってとても心強かったです。大好きな仕事を通して毎日が充実していますが、これも全ての料理が学べた名調で培った技術のおかげです。パティシエの仕事に役立つことも多く、先生方には感謝しています。



Copyright © 名古屋調理師専門学校,2017,All Rights Reserved.